ラックが6万円台のWeb脆弱性診断サービス SQLインジェクション対策に特化NEWS

セキュリティ診断の内容を、現在最も流行しているSQLインジェクションとXSSの2つの攻撃への対策に特化することで低価格設定を実現。1サイト10URLまで脆弱性チェックができる。

2009年01月21日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ラックは1月20日、SQLインジェクションとクロスサイトスクリプティング(XSS)による攻撃に特化したWebサイト診断サービス「Webセキュリティ診断・初診コース」を税込み価格6万3000円で提供開始すると発表した。一般的にコスト負担の高いセキュリティ診断サービスをリーズナブルな価格で提供することで企業導入を促進する。サービスの見積もりや診断の申し込みは同社サイトにて受け付ける。

画像 2005〜2008年のSQLインジェクション攻撃検知数の推移。2008年は年間累計で約1640万件が検知された(ラック・JSOC調べ)《クリックで拡大》

 ラック運営のセキュリティ監視センター「JSOC」によると、2008年上半期に検知したインシデントの9割近くはSQLインジェクション攻撃とXSS攻撃が占めており、これらの攻撃を通じて改ざんされた正規のWebサイトを閲覧したユーザーがマルウェアに感染、PCを乗っ取られるなど、現在対策が急務の脅威へと急成長しているという。Webセキュリティ診断・初診コースでは、SQLインジェクションとXSSの2つの攻撃で狙われる脆弱性チェックにサービスメニューを絞り込むことにより提供価格を抑えた。同社は、これまでコストが障壁で利用をためらっていた企業に対策を促していく考え。

 セキュリティ診断では、1サイト(1ドメイン)最大10個のURLを対象に、同社のエンジニアがトップページから約3遷移を目安に攻撃を受けやすいURLを独自のツールを使って選定し、攻撃者に近い視点から診断を行う。また、アドバイザーが企業に出向いて(東京都23区内に限定)診断結果について詳細な説明や対策の提案などを行うサービスもオプションで用意する。オプション付きの提供価格は9万8000円(税込み)となる。

関連ホワイトペーパー

SQL | XSS | マルウェア | 脆弱性


ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...