2011年05月27日 10時00分 UPDATE
特集/連載

独自プロトコルでタブレットに最適化タブレット向けモバイルWAN最適化製品登場

タブレットでも信頼性の高いネットワーク接続を実現するため、タブレット用のWAN最適化製品が登場した。限られたリソース下で、どのように実現しているのだろうか?

[Jessica Scarpati,TechTarget]

 ユーザーが企業向けタブレットスマートフォンで、メールのチェックやプレゼンテーションの表示、人気のモバイルゲームで遊ぶ以上のことをしたがるのも時間の問題だ。モバイル端末の普及が進むにつれて、このような新しいエンドポイント向けの複雑なビジネスアプリケーションも増えていくだろう。現在は、タブレットやスマートフォン向けに開発されたモバイルWAN最適化クライアントはほとんどないが、WAN管理者が信頼性が高くパフォーマンスのよい接続をユーザーに提供しなければならないことに変わりはない。

 最近までモバイルWAN最適化製品は、ノートPCやNetbookなど、従来のモバイル端末をターゲットにしてきた。これらの端末は、強力で軽量なスマートフォンやタブレットに置き換えられつつあるが、ほとんどのWAN最適化ベンダーは新時代のモバイル端末に対応していない。その中で先ごろ、ソフトウェアベースのWAN最適化製品を提供する米Circadenceは、企業向けAndroid端末用のモバイルWAN最適化クライアントを発表した。同社によると、このような端末向けに開発されたWAN最適化クライアントはこれが初めてだという。

 米Enterprise Management Associatesでリサーチディレクターを務めるジム・フレイ氏は「タブレットプラットフォーム向けのこのような複雑なアプリケーションは、“提供されるかどうか”ではなく“いつ提供されるか”が問題だ」と話す。タブレット向けのモバイルWAN最適化クライアントは、「可能な限り、(企業が)この新しい技術を本当に活用できるようになる可能性を高める製品だ」という。

 フレイ氏は、大量のデータを共有し、デスクから離れて活動するユーザーが多い行政や医療業界のWAN管理者が、アーリーアダプターになると見込んでいる。ただし、タブレットの利用で大容量ファイルの転送や動画ストリーミングが増加する企業の注目も集めるはずだと同氏は話す。

 「まだニッチな分野だが、この分野は元来、非常に大きな市場だ。この技術を必要とする状況の中には、数万台のエンドポイントが関係する場合もあるだろう」(フレイ氏)

タブレット向けモバイルWAN最適化に必要な処理性能と電力は?

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...