2011年05月26日 10時00分 公開
特集/連載

WAN最適化仮想アプライアンス「NetEx HyperIP」、無償配布中無償配布中に機能をチェック

米NetExが、仮想アプライアンスのWAN最適化ソリューションを無償配布している。大量のデータ転送を最適化することで、ディザスタリカバリにもうってつけだ。

[Tessa Parmenter,TechTarget]

 多くのIT部門がWAN最適化装置からソフトウェアベースのWAN最適化ソリューションに移行している中、米NetExは企業に仮想アプライアンスの利用を促す大きなインセンティブを提供している。それは「NetEx HyperIP」(以下、HyperIP)の無償配布だ。NetExは2011年末までの予定で、このWAN最適化仮想アプライアンスの年間サブスクリプションを無償提供している。

NetEx HyperIPとは

 HyperIPは長距離での大量データ転送を最適化できる。WAN経由の少量データ転送も最適化できるが、WAN経由のデータレプリケーション、ファイル転送アプリケーション、事業継続(BC)/ディザスタリカバリ(DR)にうってつけだ。NetExは、HyperIPのフルバージョンは最大800Mbpsでファイルを転送できるとうたっている。HyperIPは、米EMC、米NetApp、米VMware、米Veeam、米HP LeftHand Networks、米EqualLogic、米Symantecなど、多くのベンダーの仮想データレプリケーション製品と互換性がある。

 米Dragon Slayer Consultingのマーク・ステイマー社長によると、HyperIPはレプリケーションとあらゆる種類のデータ転送に威力を発揮する。パケットロスが発生すると、標準TCPプロトコルは失われたパケット以降のパケットを全て再送するが、HyperIPは失われたパケットを再送し、それが失われてからのパケットが正しい順序で受信されるようにする。

 「HyperIPは、パケットロスが多い回線に非常に適している。パケットロスは人々が考えているよりもはるかに頻繁に発生する」とステイマー氏は語った。

HyperIPはなぜ無償配布されているのか

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...