2011年07月13日 17時35分 UPDATE
ニュース

NEWSトレンドマイクロ、クラウド上のデータを手間無く暗号化する「TMSC」

データ暗号化技術をクラウド環境に最適化した形で提供。管理者、エンドユーザー双方の手間を最小化する。

[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロは7月13日、SaaS提供のデータ暗号化ソリューション「Trend Micro SecureCloud」(以下、TMSC)を発表した。Amazon EC2、Eucalyptus 1.6/2.0、VMware vCloud v1.0、vSphereなどのクラウドプラットフォームを通じて提供する。

 TMSCを利用することで、エンドユーザーはクラウド上のデータを暗号化できる。ユーザーがクラウド上のデータにアクセスを試みると、仮想サーバにインストールされたTMSCエージェントが、(アクセス先データが保存されている)対象サーバの情報を収集。あらかじめ設定したセキュリティポリシーを対象サーバが満たしていれば、鍵管理サーバから鍵が発行され、データへアクセス可能となる。

画像 TMSCの仕組み。暗号化/復号は、クラウド内で自動実行される。クラウド上に置いたデータをボリューム単位で暗号化し、セキュリティポリシーに適合した仮想サーバ以外からのデータアクセスはブロックする

 暗号化と復号は、ユーザー識別でなく、対象サーバが持つIPアドレス、サーバ起動日時、セキュリティレベルなどが、セキュリティポリシーに合致するかで判断をする。よってエンドユーザー側では鍵管理などが不要で、管理者も鍵の生成・管理などの手間を気にしなくてよいという。

 同社 マーケティング本部 エンタープライズマーケティング部 部長代行の大田原忠雄氏は「ユーザー企業はクラウド利用に関して高いリスクや障害を感じている。そこで考えるセキュリティ対策の1つが暗号化だが、従来の暗号化技術では、暗号鍵の生成や管理、保存場所に困るなどの課題があった。TMSCを利用することで、クラウド上のデータを暗号化保護すると共に、セキュアな鍵管理・生成機能を提供できる」としている。

 クラウドのセキュリティについて同社では、以前から「クラウドインフラの保護」「クラウドアプリケーションの保護」「保存場所に依存しないデータ保護」「多様化するエンドポイント保護」の4点を掲げてきた。TMSCは、その中でも保存場所に依存しないデータ保護に当たるセキュリティ技術となる。

 海外では既に導入実績があり、物理・仮想環境問わずにサーバ保護を実現する「Trend Micro Deep Security」と組み合わせたより強固なセキュリティ対策を実現しているという。

 国内では、パートナー企業を通じて8月3日に受注を開始し、順次提供していく予定だ。

関連ホワイトペーパー

Amazon(アマゾン) | 暗号化 | SaaS | トレンドマイクロ


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...

news088.jpg

「Marketo」や「Sansan」とも連係するマーケティングプラットフォーム「SCORE」、メジャースが提供
メジャースは、マーケティングプラットフォーム「SCORE(スコア)」の提供を2016年6月よ...