2011年08月05日 18時30分 UPDATE
特集/連載

深刻なセキュリティ問題が生じる可能性もWindows Phone 7のセキュリティ機能には課題が山積み

日本でも搭載端末が発売されて注目が集まるWindows Phone。しかし、同OSには企業のセキュリティインフラを迂回してしまう機能があるなど、セキュリティの確保には注意が必要だ。

[Sam Cattle,TechTarget]

 大企業や中堅・中小企業(SMB)の従業員がWindows Phone 7搭載のスマートフォンを使い始める中、Windows Phone 7のセキュリティ機能にはさまざまな側面があることが分かってきた(参考:気になるセキュリティは? 「Windows Phone 7」のビジネス利用を考える)。ある程度のセキュリティ機能は実装されているものの、未対応のセキュリティ問題もある。本稿ではその問題について取り上げる。

 大抵の携帯電話と同様、Windows Phone 7は暗証番号を使って端末の画面をロックできる機能に対応している。これはスマートフォンになくてはならない機能だ。

 Microsoftはデータストレージとアプリケーション実行の隔離についてもある程度の措置を講じた。これでマルウェアを防げる可能性はあるが、その効果についてまだ判断を下せる段階ではない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...