2011年08月08日 09時00分 UPDATE
特集/連載

高コストから低コストまでサーバ仮想化の統合率を向上させる5つの方法

サーバ仮想化にとってサーバ統合は最大のメリットだ。以下、サーバの統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

[David Davis,TechTarget]

 サーバ統合率を向上させるための方法は幾つかある。新しいハードウェアやソフトウェアを必要とするものもあるが、中には安い費用で済ませられる方法もある。

 サーバ統合は何と言っても、サーバ仮想化の最大のメリットだ。仮想化を使えば、物理サーバを仮想マシン(VM)に変換し、複数の作業負荷を1台の物理サーバ上に統合できる。サーバ統合率が高ければ、ハードウェアやエネルギー、床面積のコスト削減につながり、結果的に仮想化技術の投資収益率(ROI)を高められる。

 以下では、サーバ統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。

関連ホワイトペーパー

サーバ | VMware | 仮想化 | ROI | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...