2011年08月26日 14時00分 UPDATE
ニュース

NEWSJavaScript対応機能を強化したPHP統合開発ツール「Zend Studio 8 日本語版」

ゼンド・ジャパンがPHP統合開発環境ツール「Zend Studio 8 日本語版」を発表。クライアントサイドの開発効率を上げるためにJavaScript対応機能を強化した。

[TechTargetジャパン]

 ゼンド・ジャパンは8月26日、PHP統合開発環境ツールの最新バージョン「Zend Studio 8 日本語版」(以下、Zend Studio 8)を発表した。9月1日に出荷を開始する。

 Zend Studio 8では、クライアントサイドの開発効率と品質の改善を目的として、JavaScriptとそのライブラリへの対応機能を強化した。また、「内蔵Webブラウザ」と「JavaScriptデバッガ」機能を新たに搭載し、ブレイクポイントを用いた実行制御や変数の参照/更新などによるJavaScriptのデバッグが可能になった。

photo Zend Studio 8画面

 さらに、「リクエストモニタ」機能を利用してWebサーバとの通信時間やそのステータスを可視化する。Ajaxによるリアルタイム通信にも対応しており、通信タイミングの表示とともにリクエストやレスポンスなどを1クリックで確認できるという。

 Zend Studio 8の動作環境は、OSがWindows XP/2003/Vista/7またはLinux、PHP4.x以降のバージョン。また同社では、800MHz以上のCPU、1024Mバイト以上の実装メモリ、700Mバイト以上のHDD空き容量の環境を推奨している。販売価格は、4万7040円(年間ライセンスの場合)。Zend Studio 7 日本語版 年間ライセンスが有効期間内の場合は無償で利用可能。

関連ホワイトペーパー

JavaScript | PHP | 統合開発ツール | Ajax | ブラウザ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...