JavaScriptサポートが強化されたPHP用IDE「Zend Studio for Eclipse 6.1」Zend Frameworkの複数のバージョンにも対応

ゼンド・ジャパンが2009年4月に発表した、PHP統合開発環境の最新版「Zend Studio for Eclipse 6.1 日本語版」。マイナーバージョンアップながら、重要な機能の追加や強化が行われた。幾つかの主要な機能を紹介する。

2009年05月18日 08時00分 公開
[山田祥寛,WINGSプロジェクト]

 Zend Studio for Eclipse(以下、Zend Studio)は、Webアプリケーション向けのスクリプト言語であるPHP(PHP:Hypertext Preprocessor)統合開発環境(IDE)。2008年3月にEclipseをベースプラットフォームとした最初のバージョンである「6.0」が発表された。今回は6.0から6.1へのマイナーバージョンアップだが、多くの機能が強化されている。本稿では、Windows XP Professional(SP3)にインストールして検証を行った。

photo Zend Studio 6.1のメイン画面《クリックで拡大》

Eclipse 3.4に対応

 Zend Studio 6.1では、そのベースとなるEclipseプラットフォームが「3.3.2」から「3.4.1」にバージョンアップされた。見た目や操作感などの基本的な部分については、大きな変更はないようだ。しかし、リモートのマシン上のファイルを参照したり編集したりできる新機能「リモート・システム・エクスプローラー」が搭載されたのをはじめ、検索機能や印刷機能が使いやすくなるなど、その操作性は着実に向上しているといえる。

Zend Framework対応の強化

 Zend Studio 6.1では、PHPアプリケーションのフレームワークである「Zend Framework」への対応が強化された。従来のバージョンでもZend Frameworkに対応したさまざまな機能を提供してきたが、6.1ではその対応機能がさらに拡張されている。

Zend Frameworkの複数バージョンに対応

 Zend Studio 6.1から、Zend Frameworkプロジェクトを作成する際に、複数のZend Frameworkのバージョン(Zend Framework 1.0/1.5/1.6/1.7)を選択できるようになった。これにより、従来のバージョンで作成したZend Frameworkプロジェクトを、Zend Framework 1.7にアップグレードさせることなく、Zend Studio 6.1へ移行可能だ。

photo [Zend Frameworkプロジェクト]ダイアログボックス

 ただし、[Zend Frameworkプロジェクト]ダイアログボックスの選択項目には「1.0、1.6、1.7」の3つバージョンしか表示されない。Zend Framework 1.5に対応するプロジェクトを作成するには、[PHP Include Path]ダイアログボックスで[変数追加]ボタンをクリックして表示される[新しい変数の追加]ダイアログボックスで、変数「FRAMEWORK_1.5_HOME」を追加する必要がある。

photo Zend Framework 1.5の設定

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。