2011年10月28日 16時00分 UPDATE
ニュース

NEWS「Safariで全てが動作する」、JD EdwardsがiPadに対応

中堅企業向けのERP「JD Edwards」がiPadに対応。Safariブラウザを使って操作できるようになった。iPadのインタフェースを生かし、独自のジェスチャー機能も搭載する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日本オラクルは10月26日、中堅企業向けのERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」(以下、JD Edwards)をこれまでのクライアントPCに加えて、iPadにも対応させたと発表した。JD Edwardsの全てのアプリケーションがiPadで動作するという。

 利用できるようにしたのはiPadのWebブラウザであるSafari。対象となるJD Edwardsのバージョンは8.12と9.0で、アプリケーション基盤の構築ツール「JD Edwards EnterpriseOne Tools R8.98.4.5」(以下、Tools)をインストールすることでiPadに対応する。Toolsはサポート契約しているユーザーであれば無償でダウンロードできる。

 iPad上のJD Edwardsはマルチタッチスクリーンによる直感的な操作が可能で、タップ/ダブルタップによるクリックの他、ドラッグによる画面スクロール、ソフトウェアキーボードによる入力が可能。ジェスチャー機能も搭載し、画面内の「Navigation Menu」で指を動かすことで特定の機能を利用できる。例えば指で画面を上から下になぞると「検索」機能が実行される。山形に動かすとメニューの「追加」機能を使える。

画像 iPadのSafariブラウザ上で動作するJD Edwards《クリックで拡大》

 日本オラクルのアプリケーション事業統括 アプリケーションビジネス推進部 ディレクターの野田由佳氏は「iPadは業務スタイル、ライフスタイルを変える可能性がある。iPadと業務アプリケーションの連携で業務効率性が向上すると顧客からも期待されてきた。そのため急いで(iPad対応を)出した。オラクルのERPの中では一番早い対応となる」と話した。2012年春に登場するToolsの次バージョンでは、iPadの他にAndroid、BlackBerryに対応する予定だ。

関連ホワイトペーパー

iPad | ブラウザ | ERP | Oracle(オラクル)


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...