2011年12月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

“Windows 8タブレット”は企業利用に耐えるか【前編】コスト削減効果は数万ドル? Active DirectoryによるWindows 8タブレット管理

Windows 8はタブレット向け機能を数多く搭載する。だがWindows 8タブレットは本当に企業利用に耐えるのだろうか。前編はWindows 8の機能面からその可能性を考察する。

[Daniel Dern,TechTarget]

 Microsoftの次期OS「Windows 8」には、タッチ操作などタブレット端末向けの機能が組み込まれる。果たしてWindows 8タブレットは、エンタープライズ市場において安住の地を見つけられるのだろうか。

ビジネスタブレットのトレンド

 企業はタブレット端末の導入を本格化させつつある。その流れを先取りしている先進的な企業の多くはAppleiPadやその管理ツールを導入し、Appleのアドバイスやサポートを受けて利用している。だがエンタープライズ市場は当然ながらWindowsの金城湯池だ。特にノートPCやデスクトップPCのシェアは他を寄せ付けないほど大きい。Windows 8はこの先、エンタープライズ市場におけるタブレット端末の普及を促進することができるのだろうか? それとも、他のタブレットOSが浸透できないニッチな立ち位置を見いだすのだろうか?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...