2011年12月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

“Windows 8タブレット”は企業利用に耐えるか【前編】コスト削減効果は数万ドル? Active DirectoryによるWindows 8タブレット管理

Windows 8はタブレット向け機能を数多く搭載する。だがWindows 8タブレットは本当に企業利用に耐えるのだろうか。前編はWindows 8の機能面からその可能性を考察する。

[Daniel Dern,TechTarget]

 Microsoftの次期OS「Windows 8」には、タッチ操作などタブレット端末向けの機能が組み込まれる。果たしてWindows 8タブレットは、エンタープライズ市場において安住の地を見つけられるのだろうか。

ビジネスタブレットのトレンド

 企業はタブレット端末の導入を本格化させつつある。その流れを先取りしている先進的な企業の多くはAppleiPadやその管理ツールを導入し、Appleのアドバイスやサポートを受けて利用している。だがエンタープライズ市場は当然ながらWindowsの金城湯池だ。特にノートPCやデスクトップPCのシェアは他を寄せ付けないほど大きい。Windows 8はこの先、エンタープライズ市場におけるタブレット端末の普及を促進することができるのだろうか? それとも、他のタブレットOSが浸透できないニッチな立ち位置を見いだすのだろうか?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...