2011年12月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「NetApp Innovation 2011 Winter」リポート【前編】みずほフィナンシャルグループが目指す、ストレージの理想像とは?

国内の銀行系企業ではネットアップストレージを最大規模で導入しているみずほフィナンシャルグループ。担当者が同グループにおける今後のストレージ戦略を語った。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 2011年12月7日に開催されたネットアップのプライベートイベント「NetApp Innovation 2011 Winter」の基調講演では、大規模なストレージシステムを構築した2つの事例が発表された。今回はその中からみずほフィナンシャルグループ(以下、みずほグループ)の事例を紹介しよう。

グループ全体で3.1ペタバイトのストレージ容量

photo みずほ情報総研の高木氏

 「グループ全体におけるネットアップのストレージ容量は3.1P(ペタ)バイト。ネットアップの事例としては国内の銀行系企業では最大規模、ワールドワイドでも15位以内に入る」

 みずほ情報総研 専務取締役 高木和幸氏は、導入規模の大きさを講演でこう説明した。みずほ情報総研は、みずほ銀行やみずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行などを傘下に持つみずほグループの戦略子会社。同グループのIT分野を支える役割を担っている。

 みずほグループにおけるネットアップの導入例の1つとして、高木氏はグループの集約基盤システムに同社の製品を採用していることを紹介した。このシステムは、みずほグループの各システムに対してIAサーバの仮想、物理の両環境におけるリソースを提供するIaaS(Infrastructure as a Service)基盤だ(関連記事:今さら聞けない! 各種クラウドサービスの違い)。2008年に開発に着手し、2009年に本番稼働している。

photo 集約基盤システムの概略図《クリックで拡大》

 高木氏によると、このシステムの立案時にストレージを選定するに当たり、以下の3つの要件を重視したという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企...

news135.jpg

シャノン、「イベントマーケティングアナリティクス」を提供開始
シャノンは、マーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」に、イ...