2012年01月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

実験的クラウド「Social Analytics」ソーシャルデータ分析に取り組むMicrosoftのアドバンテージとは?

米Microsoftは、ソーシャルメディアのデータをリアルタイム分析する実験的クラウドサービス「Social Analytics」のプライベートトライアルに乗り出している。ソーシャル分析市場の一角に食い込む考えだ。

[Roger Jennings,TechTarget]

 ソーシャルメディアは顧客の動向を探るビジネスインテリジェンス(BI)の金脈だ。米MicrosoftのSocial Analyticsチームは、リアルタイムでさまざまな人々の意見を取り込むため、先進的な検索サービスと心理分析技術を用い、Windows Azureからツイートストリームの大鉱脈を採掘する考えだ。

 ソーシャルメディアデータは、TwitterやFacebook、LinkedIn、StackExchangeなどのSaaSサイトの副産物だ。これらのデータを一定の条件でフィルタリングしたものは、マーケティング会社や金融機関、ニュースアナリストのみならず、小売業者や製造業者、世論調査員、政治家にとっても数百万ドルの価値がある。

 業界専門家によると、鉱脈に埋もれたビッグデータからソーシャルメディアが得る利益は、広告収入を超えつつあるという。例えばTwitterは10月中旬、1日当たりのツイート数が2億5000万件に達した。同社は、こうしたツイートにカスタムフィルタをかけ、DataSiftなどの企業に1000ツイート当たり0.01ドルのライセンス料で提供している。DataSiftのパートナーのDatameerはデータの可視化および分析に、Apache HadoopベースのビッグデータBIアプリケーションを提供している。

 Microsoftはこのビジネスに目を付けた。2011年、同社はTwitterのFirehoseフィードにフルアクセスできるようになった。報道によると、同年6月、Twitterに年間3000万ドル支払うことで、Bing検索エンジンにリアルタイムでツイートをインデックス化できる契約を結んだという。Microsoftはまた、Project “Dallas”と呼ばれていたWindows Azure Marketplace DataMarketを発表し、ビッグデータシンジケートの一角に食い込んだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...