2011年12月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドベースのビッグデータ分析、主権を握るのは?Google、Oracle、Microsoft、IBMのビッグデータ対応アプローチ

いち早くクラウドベースのHadoopアプリケーションをリリースしたAmazon。それに続き、Google、Oracle、Microsoft、IBMがビッグデータ分析のためのHadoop対応を進めている。各社のアプローチを見ていこう。

[Roger Jenning,TechTarget]

 米Google、米Oracle、米Microsoft、米IBMなど数社のパブリッククラウドプロバイダーは米Amazon Web Services(AWS)を見習い、多面的なオープンソースプロジェクトであるHadoop、MapReduceを利用した「ビッグデータ」分析のトレンドに乗ろうとしている。

 クラウドベースのHadoop、MapReduceアプリケーションが登場したのは2009年だ。AWSがElastic Compute Cloud(EC2)とSimple Storage Service(S3)用のWebサービス「Elastic MapReduce」をリリースしたのが最初だ。それに続いてGoogleは2010年半ばに、App EngineのMapReduceツールキットの最初のコンポーネントとなるMapper APIの実験バージョンをリリースした。2011年5月以降は、開発者がGoogle App Engine上でMapReduceジョブを本格的に実行できるようになった。ただしこの場合、プログラムが全てのリソースを消費してWebアクセスの妨げることがないように、レート制限が必要とされる。

 Googleは2011年3月に、中間結果用のFiles APIストレージシステムを追加し、さらに7月には小規模データベース(100Mバイト以下)用にPythonのシャッフル機能を追加した。同社では、さらに大容量に対応するとともに、JavaバージョンとMapper APIを近くリリースする予定だとしている。

 2011年後半に入り、Hadoop、MapReduceへの関心および同技術を統合する動きがさらに盛り上がってきたようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。