2012年02月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビュー今あえてオフコンを選ぶ理由が分かる3つのホワイトペーパー

レガシーシステムともいわれるオフコンを今選び、ERPを運用している企業は少なくない。各社はオフコンの何を評価したのか。事例を中心にオフコンの今を伝えるホワイトペーパーを紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 現在、ERPなどのアプリケーションが稼働するサーバは、WindowsLinuxが稼働するx86サーバとUNIXサーバが大半になった。いわゆるオープン系サーバだ。しかし、かつてはオフィスコンピュータ(以下、オフコン)を呼ばれる事務処理用のコンピュータが広く使われていた。現在、オープン系サーバで稼働するアプリケーションでも、その前身はオフコン用アプリケーションだったという製品は多い。そして現在でもオフコンを選び、ERPを運用している企業は少なくない。企業はオフコンの何を評価しているのか。関連するホワイトペーパーを紹介する。

信頼性と運用管理性の高さからオフコンを選択

中堅企業の販売管理業務を効率化し経営を支えるERPとは!?

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...