2012年02月17日 09時00分 UPDATE
特集/連載

対VMware&脱MicrosoftRed Hatのハイパーバイザー、次期アップデート版でストレージや拡張性が向上

ハイパーバイザーでVMwareへ対抗姿勢を鮮明にするRed Hat。RHEV 3.0次期アップデート版では、ストレージ機能の強化とスケーラビリティ向上でVMwareを追撃する。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 米Microsoftが仮想化管理ソフトウェアのライセンス体系変更を発表した翌日の2012年1月18日、米Red Hatも仮想化基盤ソフトウェア新製品の一般提供開始を発表した(関連記事:ライセンスが簡素化された「System Center 2012」、VMwareに対する優位性は?)。両社はライバルである米VMwareへの対抗姿勢を鮮明にしている。こうしたベンダー間競争の激化は、サーバ仮想化の有力な選択肢の増加につながり、IT担当者に恩恵をもたらしそうだ(関連記事:仮想化管理、2012年のキーワードはマルチハイパーバイザー対応)。

 Red Hatは、仮想化基盤ソフトウェアの新版「Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)3.0」の一般提供開始を発表した。RHEV 3.0はスケーラビリティが向上しているものの、その度合いは期待されたほどではなかった(参考:比較表で徹底解明! 各サーバ仮想化製品の特徴と違い)。だが同社は、2012年に開発を進めるRHEVの次期アップデート版の詳細も明らかにした。このアップデート版ではストレージサポートが強化される見込みだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

第3回 Smart Phone時代の超UI/UX改善、CVRアップ術
スマートフォンサイトでショッピングや会員登録をするユーザーは、今後もまだまだ増え続...

news004.jpg

第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるよ...

news005.jpg

第1回 導入してみて分かったCCCMの特徴とポイント
昨今、クロスチャネル・キャンペーンマネジメント(CCCM)の記事が目立つようになりまし...