2012年06月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

VMware vs. サードパーティー【Q&A】VMware環境で災害復旧計画を立てるには?

VMware環境で災害復旧(DR)計画を立案するために効果的なツールとは。用途や目的に応じてVMware Site Recovery Manager(SRM)かサードパーティーのDRツールを選択すべきだ。

[Nick Martin,TechTarget]

 障害発生時のフェイルオーバー手順やワークロードの復旧手順を規定した、盤石なVMwareの災害復旧(DR)計画は、組織のデータを保護し、業務を継続するためには欠かせない。物理サーバ間でのシームレスな仮想マシン(VM)の移動を実現する仮想化は、DR計画の在り方に革命を起こした。現在、VMをさらに迅速にオンラインに戻すためのさまざまなVMware DRツールが存在しているが、IT担当者が現実的なビジネス目標を設定し、綿密な計画と厳しいテストをもって最後までやりぬく努力をしなければ、宝の持ち腐れになる。

 本稿では、VMware Site Recovery Manager(SRM)とサードパーティーのDRツールを使用した、VMwareのDR計画立案について、よく寄せられる質問に答えたい。

VMwareのDR計画はどのように立て始めればよいか?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...