2012年06月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴

ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 韓国LG CNS シニア・バイスプレジデント兼CTO(最高技術責任者)のキム・テグ氏は2012年5月24日、SAS Institute Japanが開催した「SAS Forum Japan 2012」の特別講演に登壇。ビッグデータ時代に求められる分析ツールの特徴とその活用事例を語った。

 現在、なぜこれほどまでにビッグデータが注目を集めるのか。キム氏はその理由を「ビッグデータは昔からあった。過去と違うのは、それを処理・保存し、分析できる技術が出てきたからだ」と指摘する。

 「例えば10年前も顧客はコールセンターに電話をした。コールセンターの通話記録は、どの会社でも録音テープに保管され、必要なときにそれを探して再確認することができた。しかし、最近は映像や音声、テキストをその場で分析処理できる多くの技術が登場している。それがビジネスインテリジェンス(BI)データウェアハウス(DWH)とは全く違う『アドバンストアナリティクス』(高度な分析)という領域だ」(キム氏)

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...