2012年06月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴

ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 韓国LG CNS シニア・バイスプレジデント兼CTO(最高技術責任者)のキム・テグ氏は2012年5月24日、SAS Institute Japanが開催した「SAS Forum Japan 2012」の特別講演に登壇。ビッグデータ時代に求められる分析ツールの特徴とその活用事例を語った。

 現在、なぜこれほどまでにビッグデータが注目を集めるのか。キム氏はその理由を「ビッグデータは昔からあった。過去と違うのは、それを処理・保存し、分析できる技術が出てきたからだ」と指摘する。

 「例えば10年前も顧客はコールセンターに電話をした。コールセンターの通話記録は、どの会社でも録音テープに保管され、必要なときにそれを探して再確認することができた。しかし、最近は映像や音声、テキストをその場で分析処理できる多くの技術が登場している。それがビジネスインテリジェンス(BI)データウェアハウス(DWH)とは全く違う『アドバンストアナリティクス』(高度な分析)という領域だ」(キム氏)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news009.gif

「インストール」はゴールではない――アプリ広告の効果をどう検証するのか?
重要度を増すモバイルアプリにおいて、ビジネス視点から見て合理的なプロモーション効果...

news095.jpg

「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査
動画制作と動画マーケティング支援のモバーシャルが20〜50代の男女700人を対象に、スマー...

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...