2012年07月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(後)1GbEでも十分なスループットを提供するiSCSI SANの先進機能

ファイバーチャネルや10GbEを用意しなくても、iSCSI SANのストレージ連携機能はパフォーマンス、運用コストの両面で顧客ニーズを満たすことが可能だ。採用企業の声を紹介する。

[Sonia Lelii,TechTarget]

 iSCSI SAN(Storage Area Network)が登場してから10年になる。10ギガビットイーサネット(10GbE)の普及とイーサネットストレージの機能強化により、大企業市場での採用も増えている。前編「10GbEとサーバ仮想化の普及が追い風となったiSCSI SAN」に続き、iSCSI SANの導入事例を紹介する。

FC SANからの移行で導入・保守コストを削減

 ペンシルベニア州ステートカレッジの天気予報サービス会社AccuWeatherの技術ディレクター、クリストファー・パティ氏は2008年、DellがEqualLogicを買収した1カ月後に2基のPS5000アレイを導入した。AccuWeatherは、その後さらに4基のEqualLogicアレイを購入し、iSCSI SAN上におよそ50Tバイトの利用可能ストレージを持つ。

 AccuWeatherは個別のプロジェクト用に購入したEMC Clariion、HP EVA Fibre Channelアレイ、そしてNASシステムをEqualLogicに統合した。同社は現在、VMwareとSQL Serverクラスタ向けにPS5000XV SAS、PS5000E、PS6000E SATAアレイを持っている。AccuWeatherはSASアレイ上でSQL Serverを実行し、仮想マシンと低パフォーマンスアプリケーションをSATA上で利用している。

 パティ氏と同氏のチームは、EqualLogic上でストレージを管理、割り当てる方が簡単であることを知った。「われわれのストレージ管理者は同時にVMware管理者でもある。彼は何でも屋だ。われわれはストレージを素早く立ち上げ実行できる必要があった」

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

イオン店舗で「ガチャ」を利用したオムニチャネル施策
グランドデザインが運営するオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall」を活用した販...

news023.jpg

「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にと...

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...