2012年07月02日 09時00分 UPDATE
特集/連載

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(後)1GbEでも十分なスループットを提供するiSCSI SANの先進機能

ファイバーチャネルや10GbEを用意しなくても、iSCSI SANのストレージ連携機能はパフォーマンス、運用コストの両面で顧客ニーズを満たすことが可能だ。採用企業の声を紹介する。

[Sonia Lelii,TechTarget]

 iSCSI SAN(Storage Area Network)が登場してから10年になる。10ギガビットイーサネット(10GbE)の普及とイーサネットストレージの機能強化により、大企業市場での採用も増えている。前編「10GbEとサーバ仮想化の普及が追い風となったiSCSI SAN」に続き、iSCSI SANの導入事例を紹介する。

FC SANからの移行で導入・保守コストを削減

 ペンシルベニア州ステートカレッジの天気予報サービス会社AccuWeatherの技術ディレクター、クリストファー・パティ氏は2008年、DellがEqualLogicを買収した1カ月後に2基のPS5000アレイを導入した。AccuWeatherは、その後さらに4基のEqualLogicアレイを購入し、iSCSI SAN上におよそ50Tバイトの利用可能ストレージを持つ。

 AccuWeatherは個別のプロジェクト用に購入したEMC Clariion、HP EVA Fibre Channelアレイ、そしてNASシステムをEqualLogicに統合した。同社は現在、VMwareとSQL Serverクラスタ向けにPS5000XV SAS、PS5000E、PS6000E SATAアレイを持っている。AccuWeatherはSASアレイ上でSQL Serverを実行し、仮想マシンと低パフォーマンスアプリケーションをSATA上で利用している。

 パティ氏と同氏のチームは、EqualLogic上でストレージを管理、割り当てる方が簡単であることを知った。「われわれのストレージ管理者は同時にVMware管理者でもある。彼は何でも屋だ。われわれはストレージを素早く立ち上げ実行できる必要があった」

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...