2012年07月17日 09時00分 UPDATE
特集/連載

狙いはSharePointとDynamicsのソーシャル機能か?MicrosoftのYammer買収は何を意味するのか

MicrosoftのYammer買収は、SharePoin Serverの利便性向上、Salesforce.com対抗、Google Docs対抗などさまざまな意味を持つ。Microsoftはソーシャル対応を加速できるか。

[James Furbush,TechTarget]

この記事は米Microsoftが米Yammerの買収を正式発表する前の2012年5月15日(米国時間)に米TechTargetに掲載された記事を翻訳したものです。

 米Microsoftが企業向けソーシャルサービスを手掛ける米Yammerを12億ドルで買収するとの臆測が流れている(※)。Microsoftの狙いは同社のコラボレーションプラットフォームのSharePoint Serverや他のレガシーツールの補強だ。

(※)2012年6月25日(現地時間)、MicrosoftはYammerの買収を正式発表している。

 IT業界の多くの専門家が、この買収は完全に理にかなっていると考えている。

 Yammerのソーシャルメディアツールは、優れたソーシャルネットワーキング機能や社外コラボレーション機能をもたらすという点で、MicrosoftのSharePoint Serverにとって大きなプラスになるだろうと、独立系調査会社の米Directions on Microsoftでリサーチ担当副社長を務めるロバート・ヘルム氏は語った。

 「ソーシャルネットワーキングや社外コラボレーションは、SharePoint Serverが対応し始めている分野だが、もう少し早く対応が進むことが望ましい」(ヘルム氏)

 SharePoint Serverはソーシャルネットワーキング機能も提供しているが、ほとんどの企業に使われていないというのが業界ウオッチャーの見方だ。

 一方、Yammerはよく「企業向けのFacebookやTwitter」といわれる。コラボレーション機能(チャットや、情報を投稿したり共有するためのウォールなど)の多くが、これらのソーシャルネットワークで提供される機能と似ているからだ。

 「SharePoint Serverが今後も有用であるためには、Yammerのようなツールが必要だろう」と、米Alure Home Improvementの技術・通信担当ディレクター、ジョン・ドイル氏は語る。住宅リフォームを手掛ける同社はYammerのユーザーだ。

 ヘルム氏は、ソーシャルコラボレーション機能について見ると、SharePoint Serverに対するYammerの強みは、「クラウド対応」と「既にSharePoint Serverを共用している顧客が多いこと」だと指摘した。

 Yammerは、2012年第1四半期時点で、Fortune 500社のうち85%の企業の社員を含む500万人の顧客を抱えるとしている。しかし、有料版を使っている顧客は全体の20%程度にとどまり、その他の顧客は無料版を使っている。

 だが、MicrosoftのYammer買収のメリットを全てのIT担当者が納得しているわけではない。

 「MicrosoftがYammerを買収しても、SharePoint Serverで使われていない機能が強化されるだけではないか」と、原子力発電保険会社の米American Nuclear Insurersで情報サービス担当副社長を務めるダン・アンション氏は語る。同氏は、SharePoint Serverをドキュメント管理に幅広く利用しているが、他の用途にはあまり利用していない。「ソーシャルでは、やはり人と人が顔を合わせてコミュニケーションを取ることが大事だ」

 前述のAlure Home Improvementは、各現場への社員の配置をリアルタイムに調整するのに電子メールを利用していたが、今ではその代わりにYammerの有料版を使っている。

 「MicrosoftがSharePoint ServerプラットフォームをYammerのシステム要件に追加しないことを願っている」(Alureのドイル氏)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...