2012年07月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

業務アプリは優勢、焦点は管理方法と価格SurfaceがiPadに勝つための2つの条件

「打倒iPad」を目指し、米Microsoftが満を持して放つタブレット「Surface」。業務用タブレットのスタンダードとしての地位をiPadから奪うために、Surfaceが満たすべき条件とは?

[Colin Steele,TechTarget]

 米Microsoftの新しいタブレット端末「Surface」。Microsoftが自社で開発・販売し、Windows 8搭載モデルとWindows RT(ARM版のWindows 8)搭載モデルの2種類で展開されることが明らかになっている。だがエンタープライズ市場での運命を握る2大要素である、管理方法と価格については公表されていない。

 エンタープライズ市場では、米Appleのタブレット「iPad」がコンシューマー向けタブレットでありながら既に熱い注目を浴びている。Microsoftは、Surfaceを武器にこのiPadのシェアに食い込む腹づもりだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...