2012年07月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

業務アプリは優勢、焦点は管理方法と価格SurfaceがiPadに勝つための2つの条件

「打倒iPad」を目指し、米Microsoftが満を持して放つタブレット「Surface」。業務用タブレットのスタンダードとしての地位をiPadから奪うために、Surfaceが満たすべき条件とは?

[Colin Steele,TechTarget]

 米Microsoftの新しいタブレット端末「Surface」。Microsoftが自社で開発・販売し、Windows 8搭載モデルとWindows RT(ARM版のWindows 8)搭載モデルの2種類で展開されることが明らかになっている。だがエンタープライズ市場での運命を握る2大要素である、管理方法と価格については公表されていない。

 エンタープライズ市場では、米Appleのタブレット「iPad」がコンシューマー向けタブレットでありながら既に熱い注目を浴びている。Microsoftは、Surfaceを武器にこのiPadのシェアに食い込む腹づもりだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...