2012年08月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

3階層構成でコストも削減女性向けWebサイトが実践したストレージ効率化のちょっとしたコツ

月間1000万ユーザーがアクセスする女性向けの健康情報提供Webサイトは、SSDを採用した新しいストレージ構成によってサイト訪問者の待ち時間を20ミリ秒短縮し、分析処理でおよそ70%の高速化を実現した。

[Dave Raffo,TechTarget]

分析処理でおよそ70%の高速化を実現

 女性向け健康情報を提供するWebサイトを運営する米Lifescript.comは、米Hewlett-Packard(HP)の3PAR製品のハイブリッドSSD(ソリッドステートドライブ)ストレージアレイをアップグレードして大きな成果を挙げている。

 3PARストレージシステムを5年ほど利用しているLifescriptは2012年1月、新しい100Tバイトの「HP P10000 3PAR」ストレージシステムとともに、8TバイトのSSDを購入した。

 Lifescriptの共同創立者でCTOのジャック・ホーガン氏によると、3PARのハイブリッドSSDアレイは、BI(ビジネスインテリジェンス)プラットフォームへの新たな展開と10倍にも拡大したオンライントラフィックに対応するために、データセンターのアップグレードの一環として導入したという。

 月間1000万人のユーザーがアクセスし、毎日数百万人の登録ユーザーに6種類のニュースレターメールを送信するWebサイトのサポートに「新しいアレイは不可欠だった」とホーガン氏は語る。同氏が管理するIT環境は、膨大なデータベースと分析処理が必要だ。主要アプリケーションは、Microsoft Exchange ServerMicrosoft SQL Server Analysis Services(SSAS)である。

 Lifescriptの収益源は、オンライン広告とWebページやニュースレターからのリードジェネレーションだ。ホーガン氏によると、Webサイトへのアクセスや分析リポートの実行が遅れると、収益に悪影響が及ぶという。Lifescriptは、米WebMDや米Everyday Healthなどの類似サイトと激しく競合しているからだ。

 新しいハイブリッドSSDアレイは、導入初日に分析処理でおよそ70%の高速化を実現した。このスピードアップにより、分析リポートをオンタイムで実行することが可能になったという。また、サイト訪問者の待ち時間も20ミリ秒短縮し、大量のニュースレターの送信を妨げずにExchange Serverを実行できるようにもなった。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Sitecore Experience Cloudが刷新、目玉は「ヘッドレス」「パーソナライズ自動化」「DAM」など
「Sitecore Experience Platform 9.1」がリリースされた。新バージョンにおける機能強化...

news005.jpg

RPA導入、知識や人材の不足を感じている企業が84.2%――パーソルホールディングス調べ
RPAによる業務自動化に取り組む企業が増える中、課題も浮かび上がっています。

news127.jpg

クラウド広告運用ツール「Shirofune」に複数コンバージョンの並行最適化機能
Shirofuneはクラウド広告運用ツール「Shirofune」の自動入札機能を拡張し、複数コンバー...