2012年12月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

XPユーザーに贈る、Windows 7移行の注意点(前編)Windows 7へのXPアプリケーション移行の落とし穴

Windows XPからWindows 7への移行には直接のアップグレードパスが提供されていない。移行作業をスムーズに進めるためには幾つかの注意点を知っておく必要がある。前編ではアプリケーション移行のポイントを紹介する。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

OS市場で、いまだに25%のシェアを占めるWindows XP

 2001年、WindowsXPがリリースされた当時は、これほどまでに多くのユーザーに愛されるOSになるとは、Microsoftの人間でも誰1人として予想していなかった。デビューから12年が過ぎようとしている今も、Windows XPは依然としてOS市場で約25%のシェアを占めている。

 もちろん市場をリードしているのは50%以上のシェアを誇るWindows 7だが、いまだに熱心なWindows XP支持者がおり、その市場シェアは1カ月に約1%のペースでしか減少していない。だが2014年4月のサポート期間終了が近づくにつれて、今後、非常に多くのユーザーがWindows XPからWindows 7への移行に取り組むことになるだろう。

 ただ、Windows XPからWindows 7への移行は、単一のステップで済む作業ではない。これにはさまざまな理由があるが、その大半は2つのOSのアーキテクチャの違いによるものだ。また、MicrosoftはユーザープロファイルとデータをWindows XP環境からWindows 7環境に移行するための方法を幾つか用意しているが、直接のアップグレードパスは提供していない。そのため、アプリケーションのサポートなどに関する疑問が残ったままのユーザーは多い。本稿ではWindows XPからWindows 7への移行に伴う幾つかの問題への対処法を紹介する。

アプリケーションの移行は、16ビット版アプリケーションの互換性に注意

 Windows 7への移行に当たって最初に直面する現実は、前述のようにWindows XPからWindows 7に簡単に移行できるアップグレードパスがないことだ。これまでMicrosoftは良くも悪くも新世代OSの開発に全力を注いできた。アップグレードパスも完全に整備されていると思っていた人もいるかもしれないが、残念ながらそうではない。

 Windows 7への移行をよりスムーズに行うために、「Windows XPからいったんWindows Vistaにアップグレードした上で、Windows 7に移行する」方法を勧める向きもある。実際にそれを試した一部始終を報告しているサイトもあるが、この方法はWindows VistaとWindows 7、それぞれのインストールメディアが必要となるなど、その手間から考えて効率的な解決策とはいえない。それよりもアプリケーションやデータ、システムの互換性などについて考えるべきだ。

 まずアプリケーションの移行については、Windows 7への直接のアップグレードパスがない以上、全て再インストールする必要がある。Windows XPで動作するアプリケーションの大半はWindows 7でも正しく動作するが、幾つかの例外がある。その代表が16ビット版のアプリケーションだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

アグレックス、コンテンツマネジメント分野でのれんと提携
ITホールディングスグループのアグレックスは10月23日、アシストグループののれんとコン...

news103.jpg

ログリー、ネイティブ広告配信サービス「logly lift」をライオンのオウンドメディアに導入
ログ活用および広告配信サービスを手掛けるログリーは10月23日、同社が提供するネイティ...

news100.jpg

日本オラクル、Oracle Data Management PlatformとOracle Eloqua Marketing CloudServiceを統合
日本オラクルは10月23日、同社の「Oracle Marketing Cloud」における統合拡張について発...