2013年02月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

課題解決ナビストレージ容量を無駄なく使いたい

大容量のストレージを導入しても、利用率が低ければ無駄な投資になる。ストレージ容量の利用率を高める具体的な方法を解説する。

[TechTargetジャパン]

 ストレージの利用効率を向上させるのは難しい。あるサーバではストレージ容量が不足しているのに、別のサーバでは大量に余っているといった状況に直面している企業もあるだろう。数年先に保存が必要になるデータ量を予測し、あらかじめ巨大なストレージ容量を確保するにしても、想定通りにデータが増えなければ無駄な投資になる。

 既存のストレージ容量を効率的に利用したい――。こうしたニーズに応える技術が幾つか存在する。その概要を紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...