2013年05月09日 14時00分 UPDATE
ニュース

NEWSSDNに基づく、データセンター向けネットワーク仮想化製品を発表――富士通

データセンター、広域ネットワーク、スマートデバイスなど特性が異なる3つの領域のネットワークを仮想化し、ICT基盤全体のネットワーク管理・制御を最適化する新しいアーキテクチャを発表した。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 富士通は5月8日、ICT基盤の新アーキテクチャ「FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architecture」(以下、FUJITSU INCA)を発表した。

 FUJITSU INCAはデータセンター、広域ネットワーク、スマートデバイスという異なる3領域のリソースを仮想化し、それらを「仮想インフラ層」「分散サービス基盤層」の2階層で管理・制御するというもの。富士通の執行役員常務 サービスプラットフォーム部門 ネットワークビジネスグループ長、大槻次郎氏は「SDN(Software Defined Network)の考えに基づいた、自律的で柔軟なICT基盤全体の制御をソフトウェアで実現する」と説明する。

photo FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architectureのイメージ
photo 富士通の大槻氏

 また、大槻氏は「スマートデバイスや仮想サーバの接続数、ネットワークトラフィックの増大などを背景にICTを取り巻く環境が変化。その結果、ネットワーク需要の地域的/時間的な変動の拡大、人的な運用管理の限界、サービスの多様化に伴う品質要件の多元化などが課題になっている」と指摘。その上で、FUJITSU INCAによってリソースの仮想化、ネットワークの運用自動化を実現することで「最適な品質のサービスレベルをエンドツーエンドで実現し、ユーザーの体感品質(Quality of Experience)の向上を支援する」という。

 富士通は同時にこのアーキテクチャに基づく製品の第1弾として、データセンター領域向けのネットワーク仮想化製品群を発表した。システムリソース一元管理・制御ソフトウェア「FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator」のネットワーク機器の管理・制御機能を強化。また、SDNに対応したスイッチ製品「コンバージドファブリックスイッチ」、仮想アプライアンスプラットフォーム「FUJITSU Network IPCOM VX」シリーズの2つのハードウェア新製品だ。

photo 富士通の堀氏

 FUJITSU Software ServerView Resource Orchestratorはコンバージドファブリックスイッチ、FUJITSU Network IPCOM VXと連携することで、仮想サーバの追加や削除、移動に伴うネットワークの設定を自動的に行え、仮想システムごとのファイアウォールやロードバランサの配備も可能だという。

 コンバージドファブリックスイッチは、仮想サーバのライブマイグレーションに連動し、自動的に仮想ネットワークを設定変更できる。サーバ/ストレージ格納用のTop of Rackスイッチと、PRIMERGYブレードサーバ用内蔵スイッチブレードの2種類がある。富士通の常務理事 プラットフォーム事業本部長 堀 洋一氏は「メッシュ構造でスイッチ間を最短接続でき、通信経路を複数化することで通信帯域を最大限に活用できる」と説明する。

photophoto Top of Rackスイッチ(左)と、PRIMERGYブレードサーバ用内蔵スイッチブレード(右)

 FUJITSU Network IPCOM VXシリーズは、ファイアウォールやロードバランサの機能を統合したネットワークサーバ「FUJITSU Network IPCOM」の機能を拡張した製品。1台のハードウェアで複数の仮想環境に対応でき、仮想システムの追加時に新たなIPCOMの設置が不要になるという。堀氏は「マルチテナントのセキュリティを1台の装置で対応できる」点を特徴に挙げている。

FUJITSU Network IPCOM VXシリーズ

 同社は今後、広域ネットワークの仮想化に対応する「SDNマネージャ」や仮想専用線機能を持つ「SDNサービスノード」を2014年3月までに提供予定。また、スマートデバイス向けの製品・サービスの体系化も進めるという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...

news050.jpg

博報堂DYデジタル、「TVCross Simulator」にFacebook動画広告シミュレーションメニューを提供開始
博報堂DYデジタル他は、テレビCMとオンライン動画広告を掛け合せた広告効果予測プラニン...

news085.jpg

位置情報ゲームのビジネス化を支援、ジオロジックが「位置ゲー収益化キット」を発表
ジオロジックは、スマートフォン用アプリの開発者向けに位置情報ゲームのビジネス化を支...