2013年05月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

スーパーWi-Fi実現の可能性【前編】“どこでもつながる無料のWi-Fi”いよいよ実現か

「連邦政府は、無料で電話やインターネットが使えるスーパーWi-Fiネットワークの構築を予定している」といった米Washington Postの報道が物議をかもしている。スーパーWi-Fiとは?

[Jeff Dunn,TechTarget]

 米Washington Post紙が2013年2月、「ITと通信大手が火花――FCCによる大規模公衆Wi-Fiネットワークの提案で」という記事を掲載した。この記事で執筆者のセシリア・カン氏は、米国政府および米Google、米Microsoftのような大手IT企業と、米Verizonや米AT&Tのような大手通信企業がぶつかろうとしていると主張した。その争点とは「全米規模の“スーパーWi-Fi”ネットワークを構築しよう」という構想だ。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...