2013年05月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2キロ/10キロのマニュアルが700グラムにANAのCA/パイロットを身軽にした「8500台の空飛ぶiPad」

全日本空輸(ANA)は8500台のiPadを導入。客室乗務員やパイロットの業務効率向上に生かしている。iPad導入の経緯や導入効果について、同社担当者に聞いた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 全ての客室乗務員(CA)とパイロットにiPadを配布した全日本空輸(ANA)。配布総数8500台に及ぶiPad導入プロジェクトは、どういった経緯で進んだのか。iPad導入で得た具体的な効果とは。2013年5月に開催したIT総合イベント「スマートフォン&モバイル EXPO春 2013」で講演した、ANAの業務プロセス改革室 イノベーション推進部の林 剛史氏の話を基に明らかにする。

iPad導入の経緯:業務改革のツールとして導入

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

地方の訪日外国人観光客誘致、80%以上が対応――訪日ラボ調べ
訪日外国人の興味関心が地方都市へと広がる中、受け入れ側の対応はどのような状況なので...

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...