2013年07月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

予測分析製品紹介: SAPジャパン編インメモリDBも「R」も使える予測分析製品「SAP Predictive Analysis」

ビジネスの現場では、過去に起こったことを見るよりも、今後起こり得ることを予見することが重要になった。「SAP Predictive Analysis」を提供開始したSAPジャパンの意志もそこにある。

[富永康信,ロビンソン]

 ビッグデータ関連技術やコンピューティング技術の進化を競争優位性の向上に生かしたい――。こうしたユーザー企業の声に応えるべく、ベンダー各社は予測分析ソフトウェアの開発を活発化させつつある。SAPジャパンもその例に漏れず、2013年5月30日に「SAP Predictive Analysis」の国内提供を開始した。SAP Predictive Analysisは単体でも導入は可能だが、インメモリデータベース製品など、同社の他製品との組み合わせで真価を発揮する。

製品の概要:幅広いデータソースから手軽に分析

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...