2013年07月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

予測分析製品紹介: SAPジャパン編インメモリDBも「R」も使える予測分析製品「SAP Predictive Analysis」

ビジネスの現場では、過去に起こったことを見るよりも、今後起こり得ることを予見することが重要になった。「SAP Predictive Analysis」を提供開始したSAPジャパンの意志もそこにある。

[富永康信,ロビンソン]

 ビッグデータ関連技術やコンピューティング技術の進化を競争優位性の向上に生かしたい――。こうしたユーザー企業の声に応えるべく、ベンダー各社は予測分析ソフトウェアの開発を活発化させつつある。SAPジャパンもその例に漏れず、2013年5月30日に「SAP Predictive Analysis」の国内提供を開始した。SAP Predictive Analysisは単体でも導入は可能だが、インメモリデータベース製品など、同社の他製品との組み合わせで真価を発揮する。

製品の概要:幅広いデータソースから手軽に分析

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...