2013年07月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

製品紹介:Splunk Enterprise 5そこにあるマシンデータから、収益向上のヒントをつかみ取る方法

ITシステムやモバイルなどから生成される大量のマシンデータにはIT部門に限らず社内の全部門に役立つあらゆる価値が埋まっている。1つの分析基盤で複数の価値を取り出す方法とは何か。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 ビッグデータ活用が注目されて久しい。特にマーケティング分野をはじめ、主に業務部門におけるデータ活用の話題が多い傾向にあるが、ビッグデータの活用先はそれだけではない。特にITシステムや各種デバイス、センサーなどから日々大量に生成されるマシンデータの分析は、システムの安定運用をはじめさまざまな用途で多大なメリットをもたらす。だがデータを生み出すマシンが社内外に散在し、一元的にデータを把握・活用しにくいことにビッグデータ活用の機会を奪われている例も多いようだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...