2013年09月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

UCのクラウド化はこれで進むか?レガシーユーザーも飛びつく「ばら売りクラウドUC」の納得度

ユニファイドコミュニケーション(UC)のクラウドサービス「UCaaS」。多くのユーザー企業がUCインフラのクラウド移行にためらう中、UCaaSは普及するのだろうか? 鍵は機能の“ばら売り”にある。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 クラウドベースのサービスは、低リスクかつ導入してすぐにメリットを享受できることから、採用する企業が増えつつある。例えばクラウドストレージを利用すれば、より優れたデータ管理が実現でき、いつでもどこからでもデータへアクセスできるようになる。ただし、企業にとって不可欠な電話通信(テレフォニー)とユニファイドコミュニケーション(UC)のインフラに関しては、まだクラウドへの移行に慎重な企業が多い。

 クラウド形式のUCサービス(UCaaS: Unified Communications as a Service)のベンダーは、顧客が既に導入しているインフラとUCaaSとの連係方法を探り、顧客の基本的な業務ニーズに合った販売戦略を打ち出す必要がある。「オンプレミスのUCシステムを導入済みの企業は、こうしたシステムをいきなり手放したりはしないはずだ」。米Current AnalysisでUCとコールセンター分野を担当する主任アナリストのケン・ランドライン氏は指摘する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。