2013年09月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:イメーション「高密度」「高信頼性」「省電力」に独自技術でこだわったSAN製品「NEXSAN Eシリーズ」

イメーションは2013年7月、エンタープライズ向けストレージ製品群「NEXSAN」の国内提供を開始。同年1月に買収した米Nexsanのストレージ製品を重要な戦略製品と位置付け、積極的な販売施策を展開している。

[吉村哲樹]

Nexsan買収によりエンタープライズストレージ市場に打って出たイメーション

 イメーションは、主にCDやDVD、USBメモリといった一般消費者向けデータメディア製品の製造・販売などに関してグローバルでの実績を持つ企業だ。同社がエンタープライズ向けストレージ製品の市場に新たに進出したのは、2013年1月にストレージベンダーの米Nexsanを買収したことに端を発する。

 以降、イメーションは旧Nexsanのストレージ製品を同社の重要な戦略製品と位置付け、積極的な販売施策を展開している。同社は2013年7月、エンタープライズ向けストレージ製品群「NEXSAN」の国内提供を開始した。

photo イメーションの伊藤氏

 近年エンタープライズ向けストレージ製品の市場は、ビッグデータのトレンドもあって活況を呈しているが、同時に大小さまざまなベンダーがしのぎを削る、競争が激しい市場でもある。またここ数年の間で、大手ベンダーによる新興ベンダーの吸収も急速に進んでいる。そんな中、あえてエンタープライズ向けストレージ市場に新たに打って出たイメーションのビジネス戦略について、同社 コマーシャル製品事業本部 マーケティンググループ マネジャー 伊藤宗寿氏は次のように語る。

 「イメーションはこれまで一般消費者向け製品を主に扱っていたが、さらなるビジネス成長のためにはエンタープライズ向け製品を強化する必要があると判断し、Nexsanの買収に踏み切った」

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...