2013年10月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Apple、IBM、Boxが参入オフィススイートは「Microsoft Office」だけではない 代替ソフトの魅力とは

定番の「Microsoft Office」に対抗するソフトが次々に登場している。Officeと高い互換性を維持しながらクラウド対応やスマートフォン対応など最新機能を備えているのが特徴だ。注目ソフトを紹介しよう。

[Ed Scannell, Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftのオフィススイートは、不動の標準だと考えられてきた。だが最近になり、エンドユーザーが選ぶどの端末でもモバイル、ソーシャル、コラボレーション機能を実現する「Microsoft Office」に対抗するエンタープライズレベルの製品が現れている。

 米Box、英Huddle、米Apple、米IBMなどの企業が、Microsoft Officeが支配してきた業界のシェアを奪おうと名乗りを上げ、企業の業務に影響するクラウドベースとオンプレミスのオフィススイートを提供している。

Office 365で対抗するMicrosoftの勝算

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...