2013年10月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Apple、IBM、Boxが参入オフィススイートは「Microsoft Office」だけではない 代替ソフトの魅力とは

定番の「Microsoft Office」に対抗するソフトが次々に登場している。Officeと高い互換性を維持しながらクラウド対応やスマートフォン対応など最新機能を備えているのが特徴だ。注目ソフトを紹介しよう。

[Ed Scannell, Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftのオフィススイートは、不動の標準だと考えられてきた。だが最近になり、エンドユーザーが選ぶどの端末でもモバイル、ソーシャル、コラボレーション機能を実現する「Microsoft Office」に対抗するエンタープライズレベルの製品が現れている。

 米Box、英Huddle、米Apple、米IBMなどの企業が、Microsoft Officeが支配してきた業界のシェアを奪おうと名乗りを上げ、企業の業務に影響するクラウドベースとオンプレミスのオフィススイートを提供している。

Office 365で対抗するMicrosoftの勝算

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...