2014年09月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第4回】広告はなぜ“炎上”し、どのように広がるのか――世界を敵に回さない4つの秘訣

企業のプロモーション活動の中核である広告が、インターネットで“炎上”の危険にさらされている。広告の炎上はなぜ起こるのか。炎上が広がる仕組みとは。対策を交えて解説する。

[竹口正修,イー・ガーディアン]

 商品の宣伝をするために、テレビCMやWebの企画で面白いことをやろう。SNSで拡散させてみよう――。企業がこうしたプロモーション手法を考える動きは広がっており、イー・ガーディアンにも多くの相談が寄せられています。今までの連載でも説明してきたように、スマートフォン/タブレットといったスマートデバイスの普及で、インターネットが多くの人にとって身近になり、口コミの波及力が広がっていることが、その背景にあります。

 プロモーションの中心的な存在が広告です。企業が発信する広告に対して、好感を持つ人もいれば、そうではない人も当然いるでしょう。テレビCMなど従来のプロモーションでは、今までは100人中1、2人に好感を持ってもらえなかったとしても、「個人の主観の問題なので仕方がない」と捉えることができたかもしれません。しかし、インターネットを中心とする昨今の広告では、その1、2人の少数派が起因となって炎上に発展するケースもあるのです。

 本稿では、広告が炎上につながる背景と、その具体的な対策を解説します。

広告が炎上する仕組み

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

2018年の還暦人(かんれきびと)の価値観、赤いちゃんちゃんこは7割が「遠慮したい」――PGF生命調べ
人生100年時代に還暦(満60歳)を迎える人々の価値観とはどのようなものでしょうか。

news122.jpg

ブロックチェーン技術をマーケティングキャンペーンに活用――キャセイパシフィックグループとアクセンチュア
キャセイパシフィックグループは、アクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を活用...

news088.jpg

毎日放送とNTTレゾナント、電話口で話した内容をそのままラジオ広告として出稿するシステムの実証実験を開始
毎日放送とNTTレゾナントは、ラジオへの広告出稿を電話で受け付ける実証実験を開始した。