2014年11月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Objective-C」よりも“超”簡単なプログラミング言語iPhoneアプリ開発の初心者に最適、Appleの新言語「Swift」が魅力的な理由

米Appleの「Swift」は親しみやすく使いやすいプログラミング言語だ。アプリケーション開発に起こりつつある変革の象徴で、特にモバイル開発の分野でチャネルパートナーを触発している。

[John Moore,TechTarget]
jo_tt_141107_mb1.jpg

 米Appleのモバイル開発を手掛けているチャネルパートナーは、Appleの「iOS」と「OS X」向けのAppleのプログラミング言語「Swift」の検証を始めている。

 AppleがSwiftを発表したのは、2014年6月に開催された同社の年次カンファレンス「Worldwide Developers Conference」だ。これまでiOS、OS Xアプリの主要な開発言語は「Objective-C」だった。Swiftの登場はObjective-C依存からの脱却を意味する。Swiftは使いやすいスクリプティング言語に倣っている。そのため、ネイティブモバイルアプリ開発の門戸が広範囲の開発者に開かれることが期待される。

プログラミング初心者に使いやすい“Swift”

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。