2014年11月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Lyncの管理性とSkypeの操作性が融合「Microsoft Lync」が「Skype for Business」に突然の名称変更、その狙いは?

「Microsoft Lync」が「Skype for Business」に改称される。Microsoftは、企業がコミュニケーションツールに望むニーズと従業員が求める操作性を融合することができるのだろうか。

[Gina Narcisi ,TechTarget]
1127_kf_skype.jpg

 米Microsoftのユニファイドコミュニケーション(UC)基盤製品「Microsoft Lync」は大きく生まれ変わり、2015年には「Microsoft Skype for Business」へと名称を変更する。新たなインタフェースや機能は、ビジネスユーザーとコンシューマーを問わない共通した操作性を実現する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

アライドアーキテクツ、テレビCMを活用したSNS動画広告配信・測定パッケージを提供
アライドアーキテクツは、テレビCMの映像を活用したSNS動画広告の配信・測定パッケージサ...

news024.jpg

F1、F2層対象のプレミアム動画広告「Trend TV」の提供を開始──ベクトルとマイクロアドの合弁会社
ベクトルとマイクロアドの合弁会社ニューステクノロジーは、F1、F2層を対象としたプレミ...

news081.jpg

サイバーエージェント、ブランド広告特化の「CA本部DSP」でネイティブ動画フォーマットに対応
サイバーエージェントは2017年2月21日、同社が提供するブランド広告企業向け広告配信サー...