2015年02月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows 1.0」から「Windows 10」へイラスト年表で振り返る「Windows」 山あり谷ありの30年

Microsoftは2015年秋、Windows 10の出荷とともに、Windows OSの誕生30年を祝う。山あり谷ありのWindowsの歴史をここでざっと振り返ってみよう。

[Diana Hwang,TechTarget]
ik_tt_win01.jpg 拡大版は下記

 今から30年前、米Microsoftは「Windows」を発表した。その進化の歴史を通して、幾つかのつまずきはあったものの、このOSがもたらした技術的チャレンジはまさに記念碑的な偉業だった。

 「Windows 1.0」が初めて出荷されたとき、マウスを使う操作に多くの批判的な声が寄せられた。当時は、まあ、マウスも今ほどポピュラーな入力デバイスではなかったのではあるが。

 実際、マウスがその有用性をビジネスユーザーや一般の消費者に認められるには、「Windows 3.0」のグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を待たねばならなかった。MicrosoftはWindows 3.0と「Windows 3.1」を合わせて1000万本以上売り上げた。パーソナルコンピューティング産業がまだよちよち歩きだった時代にあって、この数字は決してみすぼらしいものではなかった。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


なかったことにしたいOSは?

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...