2015年02月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想デスクトップ機能ではない「Windows 10」うわさの真相、新機能「タスクビュー」とは?

米Microsoftの次期OS「Windows 10」のうわさが流れ始めたとき、仮想デスクトップがネイティブサポートされると多くのIT管理者の想像をかき立てた。だが、この機能は人々が期待していたものではない可能性がある。

[Robert Sheldon,TechTarget]
jo_tt_150223_so1.jpg

 米Microsoftの次期OS「Windows 10」に仮想デスクトップがネイティブで搭載されるとのうわさは本当だった。だが、この機能は皆が思っているものとは違うかもしれない。新機能「タスクビュー」の正体は、真の仮想デスクトップというよりも、デスクトップを整理するためのツールだ。

 Windows 10とネイティブな仮想デスクトップ機能が発表された時点でもまだ、多くの詳細は明らかにされず、その後も臆測と希望的な予測が渦巻き続けた。われわれの多くは期待を募らせ、Microsoftが最先端の仮想化技術を投入して米Citrix Systemsや米VMwareを慌てさせることになると予想した。

 だが、それは間違いだった。

新機能「タスクビュー」とは?

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...