2015年04月10日 18時20分 UPDATE
ニュース

NEWSDropboxに保存のOfficeファイル、オンラインで編集可能に

Dropboxに保存している大量のMicrosoft Word/Excelのデータ。ローカルにダウンロードしなくても編集が可能になった。

[中尾太貴,TechTargetジャパン]

 米Dropboxは2015年4月10日(現地時間)に、オンラインストレージサービス「Dropbox」やその企業版の「Dropbox for Business」に保存しているMicrosoft Officeファイル(※)を、ローカルにダウンロードすることなくオンラインで編集できるようにした。Dropbox/Dropbox for Business(以下、Dropbox)と、オンライン版Microsoft Officeの「Office Online」との間のデータ連係を可能にした。同機能は企業の場合、Dropboxのアカウントを持ち、かつ「Office365」のライセンスを契約していれば、追加料金無しで同日から利用できる。

※Microsoft Word、Excel、PowerPointのファイル。

 ユーザーがDropboxに保存しているMicrosoft Officeファイルを編集する場合、DropboxのWebのプレビュー画面にある「開く」ボタンをクリックすることで、Office Onlineの画面が開いて編集できるようになる(画面)。変更内容は自動的にDropboxに保存される。

画面 画面 DropboxからMicrosoft Officeファイルを編集するときは右上の「開く」ボタンをクリックする

 また、Office OnlineからもDropboxにアクセスでき、Office Onlineで作成したファイルを直接Dropboxに保存できるようにした。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...