2015年04月09日 23時15分 UPDATE
ニュース

NEWS「kintone」と「Dropbox」、案件情報とデータをひも付ける連係プラグインを今秋提供

サイボウズが、オンラインストレージサービスを提供しているDropbox Japanとエンタープライズ分野において業務提携を発表した。

[中尾太貴,TechTargetジャパン]

 サイボウズは2015年4月7日にDropbox Japanとの業務提携を発表した。Dropbox Japanのビジネス向けオンラインストレージサービス「Dropbox for Business」とサイボウズの業務アプリケーション構築クラウドサービス「kintone」の連係プラグインを同年秋に提供開始する。発表時点では、料金は未定だ。

 kintoneは、プログラミングすることなく、ドラッグアンドドロップといった簡単な操作で案件管理アプリケーションや顧客リストなどの業務アプリケーションを構築できるサービスだ。今回の提携でサイボウズは、kintoneで構築した業務アプリケーションの画面内に、Dropbox for Businessでファイル共有するためのボタンを設置する(図1)。さらにkintone構築した業務アプリケーション内の案件情報とDropbox for Businessで保存しているデータのひも付けを可能にする。

tn_tt_news001.jpg 図1「Dropbox for Business」と「kintone」の連係プラグインのイメージ(出典:サイボウズ)

 また、Dropbox Japanは同日、サイボウズに加え販売代理店であるソフトバンク コマース&サービスなど計14社との業務提携を発表した。今後5年でDropbox for Businessの国内でのユーザーを新たに100万人増やす考えだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...