2015年07月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

TechTargetジャパン用語事典アプリ仮想化(アプリケーション仮想化)

アプリ仮想化/アプリケーション仮想化/App Virtualization/Application Virtualization

[TechTarget用語事典,TechTarget]

リモートとストリーミングの2種類があるアプリ仮想化とは?

0629_kf_top.jpg アプリケーション仮想化3社製品ポートフォリオ(TechTargetジャパン記事「どれを選ぶか 3大ベンダーのアプリケーション仮想化技術比較」から)《クリックで拡大》

 アプリ仮想化(アプリケーション仮想化)は、アプリケーションにアクセスするクライアントコンピュータから、アプリケーションのインストールを切り離す技術である。アプリケーション仮想化には、リモートとストリーミングの2種類がある。

 リモート仮想化の場合、アプリケーションは、サーバで実行される。エンドユーザーは、リモートディスプレイプロトコルを利用して、ネットワークを介してアプリケーションを表示し、操作する。リモートアプリケーションは、シームレスウィンドウと呼ばれる技術によって完全にユーザーのデスクトップと統合されるため、外観も動作もローカルアプリケーションと変わらない。リモートアプリケーションを実行するサーバベースのオペレーティングシステムインスタンスを他のユーザーと共有することも(ターミナルサービスデスクトップ)、サーバ上にアプリケーションごとのOSインスタンスを作成してアプリケーションを実行することも(VDIデスクトップ)できる。リモートアプリケーションが機能するには、ネットワークへの常時接続を維持する必要がある。

 ストリーミングアプリケーションの場合、仮想化されたアプリケーションはエンドユーザーのローカルコンピュータで実行される。アプリケーションを要求すると、コンポーネントがオンデマンドでローカルコンピュータにダウンロードされる。起動に必要なのはアプリケーションの一部のみで、残りのコンポーネントは、必要に応じてバックグラウンドでダウンロードされる。ストリーミングアプリケーションの場合は、完全にダウンロードされると、ネットワーク接続がなくても機能する。複数のモデルと分離レベルがあるおかげで、ストリーミングアプリケーションは他のアプリケーションに干渉せず、終了するときもクリーンに削除できる。

クラウドを利用する真の目的はコスト削減ではなく、オンプレミスではできなかったことをやるため(「クラウド比較は時間の無駄――東急ハンズ 長谷川氏が語るクラウド導入 5つの極意」より抜粋)

 どちらのアプリケーション仮想化も、集中管理を行うとよい。アプリケーションのインストール、パッチ適用、アップグレードは環境全体で1回で済み、個々のコンピュータで処理する必要がなくなる。また、個々のユーザーによるアプリケーションのインストールを許可せず、IT部門がアプリケーションをプロビジョニングすることで、ライセンスの処理も簡単になる。

アプリケーション仮想化についてもっと詳しく調べる

そもそもアプリケーション仮想化とは何か?

0629_kf_yougo.jpg

 一般的には、アプリケーション仮想化とは、「ネットワーク経由でアクセスしていながら、ユーザーにはローカル環境と何ら変わらないように見せ、ローカル環境にあるかのごとく動作するプログラム」のことだ。アプリケーション仮想化で興味深いのは、しばしばローカル環境にインフラ構築を必要とする点だ。そうしたインフラは通常、「.NET Framework」や「Microsoft Silverlight」など、アプリケーションと同一のプラットフォームを基盤とする。場合によっては、他のサービス(メッセージキューイング、データベース、ネットワークストレージなど)へのリンクとネットワークで接続されていることもある。いずれも、アプリケーションとそのアプリケーションが利用するサービスとの間でリアルタイム通信を必要とするサービスだ。

アプリケーション仮想化の仕組み

 アプリケーション仮想化は通常、形式的に記述されたパッケージで定義され、多くの場合、何らかのXML表記が用いられる。パッケージには、実行するコード、使用するリソース、提供して起動するリンク、設定情報、アクセスコントロールなどを指定する。バックグラウンドでは、アクセスを許可されたユーザーから有効なリクエストが届いた場合にアプリケーションへのアクセスを提供できるよう、IT部門が管理アプリケーションまたは管理コンソールを使って、各種アクセスコントロールのインストール、設定、プロビジョニング、構築を実行する。

アプリケーション仮想化のメリット

 アプリケーション仮想化の本体部分は多くの場合、ファイルや設定データ、サービスなど、エンドユーザーのデスクトップに表示される各種要素と同様、クラウドに置かれる。このおかげで、企業にとっては「管理と制御の一元化」の他にもメリットがある。

⇒詳しい解説はこちら

アプリケーション仮想化製品を徹底比較

 OSとアプリケーションを切り離す技術であるアプリケーション仮想化には、さまざまな製品が出回っている。

  • Citrix XenApp
  • VMware ThinApp
  • Microsoft App-V

 Citrix XenAppの特徴や機能を解説するとともに、ThinAppとXenAppの違いを明らかにする。

⇒比較の詳細はこちら

仮想化に関連するホワイトペーパー一覧

 アプリケーション仮想化をはじめ、仮想化製品/サービスに関するさまざまな最新資料を提供しています。現在抱えている課題解決のためのヒントを得ることができます。

⇒ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

無料のプレミアムPDFをダウンロード提供中

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「Adobe Marketing Cloud」などの推奨プラットフォームに「Microsoft Azure」を認定
Adobe SystemsはMicrosoftとの戦略的提携を発表し、「Microsoft Azure」を同社のクラウ...

news089.jpg

縦型動画もOK、テンプレート型動画制作サービス「FastVideo」にiOS向けアプリが登場
動画マーケティングのLOCUSは、Webサイト上でテンプレートに画像や動画をあてはめること...

news097.jpg

「時代後れのメディア」と呼ばれ続けて半世紀、ネット化するラジオのマーケティングシナリオとは?
「古くて新しいメディア」として愛され続けるラジオ。インターネットやスマートフォンに...