2015年12月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「vForum 2015 TOKYO」リポートVDI環境で3D CADの利用を実現、世界の拠点から活用する日揮の取り組み (1/2)

エンジニアリング企業の日揮は、3D設計およびシミュレーションに利用する高性能グラフィックスワークステーションを仮想環境に移行し、世界各地から利用できる運用体制を整えた。導入時のエピソードをリポートする。

[富樫純一,大神企画]

 エネルギー、化学、医薬、環境分野を中心にエンジニアリング事業を展開する日揮。同社は、3D設計およびシミュレーションに利用する高性能グラフィックスワークステーションを仮想環境に移行し、世界各地の拠点から利用できる運用体制を整えた。従来のワークステーションの運用課題を解決するとともに、各拠点の設備コスト削減、稼働率の向上といった導入効果が得られているという。2015年11月に行われた「vForum 2015 TOKYO」の模様をお伝えする。

EPCプロジェクトを支えるワークステーションの課題

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...