2016年01月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

これを使わないのは損失大「GitHub」でデータセンター運用を自動化、その活用例は?

「GitHub」はソフトウェア開発者に向けた共同作業のための総合ユーティリティだが、データセンター管理者にとっても、自動化スクリプトの作成やオープンソースコラボレーションに役立つ。

[Brad Casey,TechTarget]
kn_ttus0122_01.jpg GitHubは複数のメンバーが1つのファイルに対して共同でチェックを入れてその内容を改善するのにとても役に立つツールになる

 多くのソフトウェア開発が利用している「GitHub」は、データセンターの運用管理にも便利だ。GitHubと呼ぶ人が多い「Git」リポジトリ(分散型バージョン管理システムのGitで使う、ファイルの各バージョンを管理するデータベース)は、直感的な変更管理機能や、共同でコーディングを行うプロセスの簡素化のために用意した多くの機能を利用して、プロジェクトを一元管理できる場所を開発者に提供する。

 Gitの中央リポジトリはプロジェクト全体のソースコードを保持する。データセンター管理者もGitHubを使って、オープンソースのデータセンター自動化プロジェクトを進め、世界中の管理者がそのコードを改良したり、自社のインフラに合わせて実装するための出発点として利用したりできる。

 この記事では、データセンター運用チームがどのような分野でGitHubを利用して、特定の社内チームや大きなITおよびデータセンターコミュニティーの力を借りられるかを示す例を幾つか紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP...

news098.jpg

シナジーマーケティング、クラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加
シナジーマーケティングは同社のクラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加したと発...

news047.jpg

「Adobe Sensei」はマーケティングをどう変える? 「Adobe Experience Cloud」におけるAIの位置付け
マーケティング基盤からエクスペリエンス基盤へ。新たに誕生した「Adobe Experience Clou...