2016年02月24日 15時00分 UPDATE
特集/連載

電子カルテや検査機器にアクセスできず「身代金は9000ビットコイン」、ハリウッドの大病院がランサムウェア被害

米連邦捜査局(FBI)とロサンゼルス市警は、ハリウッドの大病院が受けたランサムウェア攻撃の捜査に乗り出した。この攻撃によって病院では、過去の患者データにアクセスできない事態に陥った。

[Michael Heller,TechTarget]
リリース ランサムウェア被害に遭ったHollywood Presbyterian Medical Center《クリックで拡大》

 ハリウッドの大病院Hollywood Presbyterian Medical Centerが、ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)の攻撃を受け、病院と患者が被害に遭った。米連邦捜査局(FBI)とロサンゼルス市警(LADP)がこの事件について捜査している。

 報道によると、同病院は2016年2月5日(現地時間)に攻撃を受け、コンピュータシステムがダウンした。同病院のアラン・ステファネック病院長はNBCロサンゼルス放送局に対し、職員が「重大なIT問題に気付き、院内非常事態を宣言した」と語っている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...