2015年01月15日 12時00分 公開
特集/連載

医療機関がクラウドストレージのお得意さまになっている理由医療系ITベンダーの市場参入が進む

クラウドストレージの利用を検討する医療機関が増加している。それを後押ししているのは、データ圧縮技術の進化と低価格化だ。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 コモディティ化によって、クラウドストレージは消費者と専門家の間で普及が進んでいる。また、クラウドストレージの導入が急増したことで、どのデバイスからでも、いつでもデータにアクセスできる環境が整った。このトレンドによって、医療系のITベンダーはこぞってクラウドサービスを活用し、患者や臨床医が医療データに簡単にアクセスできるようにしている。さらに、重要な医療データを患者や医師に提供することにクラウドが役立つと気付いたクラウドストレージプロバイダーが、医用画像を重視するようになっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...