医療機関がクラウドストレージのお得意さまになっている理由医療系ITベンダーの市場参入が進む

クラウドストレージの利用を検討する医療機関が増加している。それを後押ししているのは、データ圧縮技術の進化と低価格化だ。

2015年01月15日 12時00分 公開
[Reda Chouffani,TechTarget]

 コモディティ化によって、クラウドストレージは消費者と専門家の間で普及が進んでいる。また、クラウドストレージの導入が急増したことで、どのデバイスからでも、いつでもデータにアクセスできる環境が整った。このトレンドによって、医療系のITベンダーはこぞってクラウドサービスを活用し、患者や臨床医が医療データに簡単にアクセスできるようにしている。さらに、重要な医療データを患者や医師に提供することにクラウドが役立つと気付いたクラウドストレージプロバイダーが、医用画像を重視するようになっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news171.png

2024年のGW予算は横ばい 賃上げよりも物価高と円安の影響が勝る?――インテージ調査
インテージが全国の15歳から79歳の男女を対象に実施したゴールデンウイークに関する調査...

news148.jpg

CNN幹部が語る、メディアビジネスにとってのAIのリスクと機会
生成AIがコンテンツを量産し、真偽の明らかでない情報があふれかえる中、メディアの価値...

news016.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年4月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。