2015年01月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

医療系ITベンダーの市場参入が進む医療機関がクラウドストレージのお得意さまになっている理由

クラウドストレージの利用を検討する医療機関が増加している。それを後押ししているのは、データ圧縮技術の進化と低価格化だ。

[Reda Chouffani,TechTarget]
jo_tt_150115_medical.jpg

 コモディティ化によって、クラウドストレージは消費者と専門家の間で普及が進んでいる。また、クラウドストレージの導入が急増したことで、どのデバイスからでも、いつでもデータにアクセスできる環境が整った。このトレンドによって、医療系のITベンダーはこぞってクラウドサービスを活用し、患者や臨床医が医療データに簡単にアクセスできるようにしている。さらに、重要な医療データを患者や医師に提供することにクラウドが役立つと気付いたクラウドストレージプロバイダーが、医用画像を重視するようになっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...