2016年09月13日 15時00分 UPDATE
特集/連載

仮想ADCも視野に検討を低価格になった「アプリケーションデリバリーコントローラー」、最適の1台を選ぶポイントは (1/2)

アプリケーションデリバリーコントローラーは、幅広い分野の企業に必要不可欠なデバイスへと進化している。しかし、ユーザー企業の規模に合わせた最適な製品を選ばないと「コストの無駄遣い」になりかねない。

[Kevin Tolly,TechTarget]
登場当初は高価だったADCも汎用プロセッサで動作可能となって安価な製品も登場している。写真はCitrixの「NetScaler MPX」

 「Amazon.com」や不動産業者の「Zillow」など、名前がAからZで始まるお気に入りのWebサイトを挙げてみてほしい。それから、そのWebサイトの背後にトランザクションを処理する準備が整っているWebサーバを何台設置しているかを考えてみてほしい。数十台、それとも数百台だろうか。

 ……と質問しておきながら申し訳ないが、幸いにも、ユーザーはその数を把握する必要がない。サーバの台数を把握する必要がない理由は、アプリケーションデリバリーコントローラー(以下、ADC)がユーザーとWebサーバの間に入っているからだ。ADCは、ユーザーと多数のバックエンドサーバとの間で発生するトラフィックを制御把握することで、ユーザーへのWebアプリケーションの配信を管理している。

 ADCが登場した当時は、ADCへの処理要求が膨大であったため、多くのベンダーがASIC(特定処理用途のためにカスタマイズした集積回路)を開発して処理を行っていた。その結果、コストは高くなり、ADCは小規模な企業にとって価格が高すぎて手が出ないデバイスとなってしまった。

 しかし、現在はプロセッサの処理能力が飛躍的に向上している。加えて演算処理のアルゴリズムも改善したADCはソフトウェアで処理を実現できるようになった。この2つの進化によって、ADCの機能はコストパフォーマンスが高い汎用(はんよう)プロセッサを搭載した安価なデバイスでも実行できるようになっている。

 この進化は、企業のIT担当者がADCを選択する場合に機能面で妥協することなく、導入コストのさらなる削減が可能になることを示唆している。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...