2015年05月14日 15時00分 公開
特集/連載

大手ベンダーも注目、ネットワークオーケストレーションとは何かSDNをレイヤー4-7に【前編】

Software Defined Data Centerおよびクラウドによって、プロビジョニングとライフサイクル管理を自動化するためのレイヤー4-7ネットワークオーケストレーションツールの必要性が高まっている。

[Jessica Scarpati,TechTarget]
画像 A10ネットワークスではレイヤー7の製品であるADC製品の仮想版「vThunder」を提供している

 ネットワークは長年にわたりミドルチャイルドシンドローム(※編注:3人兄弟の真ん中の子は、上の子や下の子に比べて置き去りにされていると感じる傾向)を患っている

 サーバ仮想化によりシステム管理者が仮想マシン(VM)を数分以内に簡単に立ち上げたり撤去したりできるようになって以来、インフラにスピードと効率性をもたらすものとしてデータセンターは確固たる地位を築いた。それは、動的環境への対応をIT部門に強いつつ、クラウドコンピューティングのための道を開いた。

SDNへの期待はレイヤー4-7へ

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...