2016年10月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド「Google ハングアウト」はどこにいく? Google新サービスの実力とは

「Google ハングアウト」は、コンシューマー機能を切り離して、「Allo」と「Duo」の新サービスをリリースする。その理由とは? また新サービスの実力とは?

[TechTargetジャパン]
「Google ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービスの実力とは

 2016年5月に開催されたGoogleのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2016」で、Googleは「Google ハングアウト」に関して新戦略を打ち出した。Google ハングアウトから、コンシューマー機能を切り離し、メッセージングアプリケーション「Allo」とビデオチャットアプリケーション「Duo」に移行するというものだ。

 このGoogleの新戦略によって、法人向けで提供されるGoogle ハングアウトにどのような影響があるのだろうか。また、コンシューマーで提供されるAlloとDuoは、どのような機能があるのだろうか。TechTargetジャパンの人気記事を再構成した本稿で紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。

news020.jpg

無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を...

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。