2016年12月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

プロフェッショナル向けから家族向けへと変貌か徹底レビュー:新型「MacBook Pro」は、僕らが知っている“Pro”ではない (1/4)

2016年モデルの「MacBook Pro」はより薄型軽量になったり、小型タッチディスプレイ「Touch Bar」が備わったりと、さまざまな変化を遂げた。その印象は、従来モデルが与えるものとは異なるかもしれない。

[Jerry Jackson,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | ビジネスPC


画像 MacBook Pro《クリックで拡大》

 Appleの「MacBook Pro」の新型モデルは、プロフェッショナルが仕事に使うハイエンドノート型デバイスから、やや値の張る家族向けデバイスへと変わった。

 新型MacBook Proには物理的なファンクションキーの代わりに、Appleの指紋センサー「Touch ID」を組み込んだマルチタッチ式小型ディスプレイ「Touch Bar」が新たに加わり、前モデルよりも全体的に薄型軽量の設計になった。だが残念なことに、最新型MacBook Proはバッテリー持続時間が比較的短く、キーボードレイアウトが物足りず、端子が足りないという問題点がある。

 AppleはMacBook Proをかなり定期的にアップデートしている。そのほとんどは、新しいプロセッサを利用可能にしたり、スペックを適度に改善したりする程度だった。前回AppleがMacBook Proの設計を「大幅に」見直したのは、2012年までさかのぼる。MacBookシリーズで初めて、Appleの高精細ディスプレイ「Retinaディスプレイ」を装備したときのことだ。2012〜2016年の4年間には、4K解像度(3840×2160ピクセル)やそれ以上の解像度を誇るディスプレイを装備した、さまざまなノートPCが登場している。だからこそ、Appleも何か新たな要素をエンドユーザーに提供する時期にきている。

MacBook Proの構造とデザイン

       1|2|3|4 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...