覚えている? この10年間にノートPCで起こった「10の変化」得た技術と失われた技術(1/3 ページ)

2005年といえば、インテルの“Sonoma”こと第2世代Centrinoが登場したころ。CPUは“Dothan”で動作クロックは最高で2.13GHz、チップセットは“Alviso”といえば10年間という時間を感じることができるだろうか。

2015年11月29日 08時00分 公開
[Charles P JefferiesTechTarget]

関連キーワード

iPad | Mac | Surface | Surface Pro


最新の「MacBook」はとても薄いが故にType-CのUSBの採用した 米Appleの最新「MacBook」はとても薄い。その薄さ故に、標準のUSB(Type-A)ではなく、より小さいType-CのUSBの採用を余儀なくされている《クリックで拡大》

 多くのユーザーは、新しいノートPCを購入する前に必要な機能をリストアップするだろう。だが、今重要と考えている機能が、そのうち不要になる可能性があることを覚えておくといい。そういう“無駄になった機能”で失望することなく、この先も安心して使えるノートPCを購入するには、テクノロジーの変遷と未来を把握できていなければならない。その1つの参考として、ここ10年間にノートPCで起こった主要な「10の変化」を紹介しよう。

10年間の変化その1:消えゆく光学ドライブ

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...