2015年11月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

得た技術と失われた技術覚えている? この10年間にノートPCで起こった「10の変化」 (1/3)

2005年といえば、インテルの“Sonoma”こと第2世代Centrinoが登場したころ。CPUは“Dothan”で動作クロックは最高で2.13GHz、チップセットは“Alviso”といえば10年間という時間を感じることができるだろうか。

[Charles P Jefferies,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Mac | Surface | Surface Pro


最新の「MacBook」はとても薄いが故にType-CのUSBの採用した 米Appleの最新「MacBook」はとても薄い。その薄さ故に、標準のUSB(Type-A)ではなく、より小さいType-CのUSBの採用を余儀なくされている《クリックで拡大》

 多くのユーザーは、新しいノートPCを購入する前に必要な機能をリストアップするだろう。だが、今重要と考えている機能が、そのうち不要になる可能性があることを覚えておくといい。そういう“無駄になった機能”で失望することなく、この先も安心して使えるノートPCを購入するには、テクノロジーの変遷と未来を把握できていなければならない。その1つの参考として、ここ10年間にノートPCで起こった主要な「10の変化」を紹介しよう。

10年間の変化その1:消えゆく光学ドライブ

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...