2015年08月29日 09時00分 公開
特集/連載

「MacBook」ではダメ? 学生に買い与えるべきノートPC“14の条件”検討すべきことは意外と多い(1/3 ページ)

大学生になる子どものノートPCを購入することは思っているほど簡単ではない。パフォーマンスから持ち運びやすさまで、検討すべきことは多岐にわたる。

[Barney Morisette,TechTarget]
米Appleの「MacBook」(12インチ、2015年モデル)《クリックで拡大》

 あなたがPCについて多少知識があったとしても、子どもが大学で使用するためのノートPCを購入するときには、本稿で紹介する基準を検討されたい。これらの基準に従うだけで、親子共々、悲しみに暮れることはなくなるかもしれない。

1.サプライズは無用

 信じられないかもしれないが、ノートPCはファッションアイテムだ。例えば、中学1年生のときにダサいものを持っている姿を見られたがらなかった子どもに、米Appleの「MacBook」ではなく米Microsoftの「Surface」をプレゼントしたら、さぞかしうんざりされるだろう。ノートPCのサイズ、形、色、ブランドなど、何を優先するかについては誰しも好みがある。1番のアドバイスはサプライズなど考えないことだ。子どもに欲しいノートPCを確認するか、予算を伝えて本人に選ばせるのがよい。

2.お下がりもNG

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。