2015年06月07日 09時00分 公開
特集/連載

「Surface Pro 3」「Surface 3」をガチ比較、真の“キングオブWinタブ”はどっちだ?価格や性能、使い勝手を比べた

米Microsoftの「Surface Pro 3」と「Surface 3」。Windowsタブレットの代表格たる風格さえ備わるこの2種類のタブレットを徹底比較する。あなたが満足するのはどちらのSurfaceか?

[Jamison Cush,TechTarget]
画像 新登場のSurface 3とSurface Pro 3、“最強Windowsタブレット”の称号はどちらに(TechTargetジャパン記事「徹底レビュー:『Surface 3』、誰もが購入を検討する“圧倒的な正しさ”とは」より)《クリックで拡大》

 まず大前提を。コストを度外視すれば、米Microsoftの「Surface Pro 3」は、どんな合理的基準でも「Surface 3」よりも良い評価になる。どちらの端末もデザインや機能は似ているが、Surface Pro 3が地力で勝る。より強力なプロセッサを搭載しているからだ。実際、Surface Pro 3は、発売から1年が経過しても、市場に出回っているほぼ全ての汎用端末の上を行っている。

 ただし、両者の条件は全て同じではなく、特に価格は全く違う。Surface 3はSurface Pro 3よりもかなり安い。とはいえ、金に糸目を付けないユーザーがいるのも確かだ。こうしたユーザーは、本格的な画像編集ソフトウェアや複雑なプロ向けソフトウェアが扱える端末を必要としている。この手のユーザーにはSurface Pro 3がうってつけだ。だが仕事や学習、遊び用に普通のコンピュータが必要な一般ユーザーにとっては、個々のマシンの違いが価格に見合うかどうかが問題となる。

仕上がりとデザイン

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。